安心してご自宅で静養できるよう、真心込めて看護いたします

訪問看護ステーション ふれあい21

ごあいさつ

はじめまして、訪問看護ステーションふれあい21 管理者の河合です。
私が訪問看護を始めたきっかけは、病棟勤務だった時に退院された患者さまがご自宅でどのような生活を送られているのだろうかと疑問を持ったことでした。退院されたからといってすぐに以前と同じ生活に戻れる訳ではなく、疾患や障害を抱えながらの療養生活になります。私の看護師としての知識や技術、経験を生かすことで在宅療養のお役に立てるのでないかと思い、訪問看護を始めました。訪問看護は病院とは違い、1対1でじっくりとご利用者様と関わることが出来ます。看護師として自分でもベストなサービスが提供でき、それにより予想以上にご利用者様の生活に改善が見られることがあり、日々すばらしさを実感しています。

現在、ふれあい21ではスタッフ全員が私と同じ気持で働いています。在宅医療の充実が求められる現在、自己研鑽や研修を充実し、高度な技術や最新の知識を身につけ、ご利用者様やご家族が、安心して住みなれたご自宅で過ごせるように、港南区の地域づくりに貢献してゆきたいと思います。

訪問看護ステーションふれあい21
管理者 河合 敦子

ふれあい訪問看護ステーションの特長

  1. 横浜市港南区、横浜市栄区、横浜市戸塚区、横浜市磯子区、横浜市南区に訪問いたします。
  2. スタッフは常勤看護師4名、非常勤看護師2名です。
  3. 脳血管障害後のリハビリ、お子様への訪問看護、在宅酸素、在宅人口呼吸器、ターミナルケア、神経難病、精神的な疾患の方など、スタッフがそれぞれの得意分野を生かし幅広い分野に対応します。
  4. 緊急時には24時間お電話で対応します。必要時は訪問することも可能です。
  5. 労災保険もお取り扱いいたします。
  6. ご自宅で快適な生活が送れるように支援します。

写真:訪問看護ステーションふれあい21

善仁会の訪問看護ステーション

このページの上部へ



善仁会 Copyright(c)2004-2009 ZENJINKAI GROUP All rights reserved.